買取というジャンルでは、売却したい品物の状態が重視される事はとても多いです。ブランド品などでは、そのような事例は多々あります。ち汚れが付いてしまっているブランド品に比べると、汚れが付いていない品物の方が売却価格が高めな場合が多いです。ところで携帯の場合は状態は重視されるかというと、大いに重視されます。例えば電話機に傷が付いているか否かです。ブランド品の買取などでは品物に傷が付いていると売却価格が下がってしまうのですが、携帯もそれは同様です。また、水没も大きなポイントです。電話機が落下して、どこかに水没してしまったとします。そのような電話機の場合も、やはり売却価格が下がってしまう可能性が高いです。このように携帯電話の買取では、品物の「状態」が見られる訳です。ブランド品の売却と、共通要素は多いと思います。

郵送による携帯の買取の流れと利点

携帯電話の買取の方法には複数あるのですが、その中の1つは宅配です。買い取ってほしい電話機を業者に渡す必要があるのですが、その際に郵送を用いる訳です。ところで流れなのですが、まずは業者に対して「電話機の査定をして欲しい」と連絡します。その後で業者に電話機を郵送する事になります。ちなみに業者によっては、郵送用のキットを送ってくれる場合もあります。そして電話機を受け取った業者は、品物の状態を見ます。そして顧客に対して、売却見込み価格を提示してくれるのです。その買い取り価格に問題がなければ、電話機の買い取りが成立する流れになります。ちなみに郵送による買取の場合、時間帯が不問なのがメリットです。運送業者によっては、コンビニで郵送の依頼ができるからです。真夜中でも携帯の買取の依頼ができるのが、上記の方法のメリットと言えます。

携帯電話の買取に行った友人たち

以前近所の古本屋さんで今は使っていない携帯電話の本体の買取をやっていることを知って友人に話したところ、その友人の周りには結構そういった人が数多くいたようで、何人かでお休みの日に携帯電話を売りに行ったそうです。使っている機種や携帯電話の状態によってもちろん引き取り価格は違うようらしいのですが、どちらかというと家にあった不用品が処分できたのがみんな嬉しかった様です。そういった携帯電話は店頭で販売されていますので、きっと需要が数多くあるのでしょう。私も今の携帯電話が壊れたりしたら買ってみようかなと思っています。ちなみにその時携帯電話を売りに行った友人達のグループは全員子持ちだったらしく、せっかく来たんだからと子供達にゲームなどをおねだりされてしまい、結局沢山買い物をするハメになってしまったと言っていました。

Leave your Comment

*